ホーム > ニュース内容
会員ログイン
閉じる
ID
パスワード
2017.07.07 税と経営
改正債権法が成立

 民法のうち債権関係を定めた部分を、民法制定以来約120年ぶりに全面的に見直す民法改正法が5月26日に成立した。現行法の規定が、社会・経済の変化に合わなくなったり、そもそも法律に明文の規定がないため実務上は判例をもとに判断をしていた実情が改正の背景にある。

 法改正のポイントは、①原則10年だった消滅時効を、原則5年とするとともに飲食料代などに適用されていた短期消滅時効を廃止する、2)現行年5%の法定利率を3%に引き下げるとともに市場金利に合わせ変動(3年に1度)させる、3)保証人の保護のため、事業用融資での経営者以外の個人の保証の場合、公正証書を必要とする、4)現行では、約款の民法上の定義がない約款ルールの明記、5)債権の譲渡禁止特約の効力の見直しで、施行は公布後3年以内。

>> 続きはこちらから
一覧に戻る

加盟新聞・社をさがす

専門分野別検索
フリーワード検索
すべてを表示する(50音順)

お問い合せ

お電話で
電話のお問合せ03-3597-8881
FAXで
FAXのお問合せ03-3508-8888
Eメールで
Eメールのお問合せinfo@senmonshinbun.or.jp

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-12
第2興業ビル

>>地図を表示
著作権 について

「専門紙ヘッドライン」欄に掲載されているニュースの見出しおよび記事(一 部を含む)などの著作物は当協会加盟社から提供されており、 日本の著作権等に より保護されています。当欄の著作物を著作権者の許諾なく利用することが法的に認められる場合を除いて、 いかなる範囲においても無断で複写等の方法で利用することはできません。 当欄の著作物を利用されたい場合は、ニュース提供元の当協会加盟社に直接お問い合わせいただくか、当協会事務局へご連絡下さい。

平成25年2月1日