ホーム > ニュース内容
会員ログイン
閉じる
ID
パスワード
2018.05.16 環境新聞 再エネ比率 前倒し実現と水準上乗せを―自民普及拡大委―30年度目標は達成容易 エネ転換への積極性に「疑念」

自民党資源・エネルギー戦略調査会の再生可能エネルギー普及拡大委員会(委員長・片山さつき参院議員)は4月25日、自立分散型エネルギー分科会から中間取りまとめの報告を受けた。それによると、政府の長期エネルギー需給見通しでは、30年度の再エネ比率を総発電電力量の22〜24%と見込んでいるものの16年度の再エネ比率が15・3%に及んでおり、日本が「達成の容易な導入目標」を掲げ続けることは、エネルギー転換に対する日本の積極性に「疑念」を懐かれかねないと指摘。
近く予定されているエネルギー基本計画の改訂に当たり、再エネの「主力電源化」を実現するためにも、導入比率の「前倒し実現」と「水準の上乗せ」を前向きに検討すべきだと強調している。同拡大委は今後、同日報告された「地域タスクフォース」の検討結果と合わせ、連休明けにも政府への提言をまとめる予定。(編集委員・工藤真一)


>> 続きはこちらから 一覧に戻る

加盟新聞・社をさがす

専門分野別検索
フリーワード検索
すべてを表示する(50音順)

お問い合せ

お電話で
電話のお問合せ03-3597-8881
FAXで
FAXのお問合せ03-3508-8888
Eメールで
Eメールのお問合せinfo@senmonshinbun.or.jp

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-12
第2興業ビル

>>地図を表示
著作権 について

「専門紙ヘッドライン」欄に掲載されているニュースの見出しおよび記事(一 部を含む)などの著作物は当協会加盟社から提供されており、 日本の著作権等に より保護されています。当欄の著作物を著作権者の許諾なく利用することが法的に認められる場合を除いて、 いかなる範囲においても無断で複写等の方法で利用することはできません。 当欄の著作物を利用されたい場合は、ニュース提供元の当協会加盟社に直接お問い合わせいただくか、当協会事務局へご連絡下さい。

平成25年2月1日