ホーム > ニュース内容
会員ログイン
閉じる
ID
パスワード
2017.10.10 税と経営
東京局に“特別機動国税徴収官”の機構新設を要求

 各省庁は8月末までに平成30年度予算概算要求を行った。国税庁では、国際化やICT化への対応及び適正・公平な賦課及び徴収を実現するため、KSKシステムの開発・統合など情報化経費等を含め6,945億円を要求するとともに、東京国税局に情報システム部や特別機動国税徴収官(ともに仮称)の機構新設を要求している。

 調査・徴収事務の複雑化等への対応として、機構新設を要求した「特別機動国税徴収官」(仮称)は、東京局庁舎から遠方となる多摩・山梨、千葉、神奈川の各地区に常駐し、長期滞納事案や接触困難事案の接触力を高めて更なる滞納圧縮を図る考えだ。この他、「鑑定企画管理官」(仮称)や、再任用短時間勤務職員用の機構として、租税教育の拡充を図る観点から「国税広報広聴専門官」(仮称)などの機構新設も求めている。

>> 続きはこちらから
一覧に戻る

加盟新聞・社をさがす

専門分野別検索
フリーワード検索
すべてを表示する(50音順)

お問い合せ

お電話で
電話のお問合せ03-3597-8881
FAXで
FAXのお問合せ03-3508-8888
Eメールで
Eメールのお問合せinfo@senmonshinbun.or.jp

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-12
第2興業ビル

>>地図を表示
著作権 について

「専門紙ヘッドライン」欄に掲載されているニュースの見出しおよび記事(一 部を含む)などの著作物は当協会加盟社から提供されており、 日本の著作権等に より保護されています。当欄の著作物を著作権者の許諾なく利用することが法的に認められる場合を除いて、 いかなる範囲においても無断で複写等の方法で利用することはできません。 当欄の著作物を利用されたい場合は、ニュース提供元の当協会加盟社に直接お問い合わせいただくか、当協会事務局へご連絡下さい。

平成25年2月1日