ホーム > ニュース内容
会員ログイン
閉じる
ID
パスワード
2022.12.06 環境新聞 生物多様性「ポスト枠組み」採択が焦点−COP 15開幕−30by30」や新基金の設置など論点 先進国と途上国の対立で交渉難航

国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の第2部が12月7日から、カナダのモントリオールで開幕する。2010年のCOP10で採択された「愛知目標」の後継となる新たな世界目標の「ポスト2020生物多様性枠組み」の採択が焦点。 30年までに陸と海の30%以上を健全な生態系として保全する「30by30」目標の位置付けや、企業に対する情報公開などの義務付け、新たな基金の設置を含む資源動員、遺伝資源に係る塩基配列情報(DSI)の利益配分などの主要論点について、先進国と途上国等の主張が依然対立しており、交渉の難航が予想される。 12月15日からは閣僚級会合も開催される。 会期は12月19日までの予定で、合意に向け妥協が図られるか交渉の行方が注目される。


>> 続きはこちらから 一覧に戻る

加盟新聞・社をさがす

専門分野別検索
フリーワード検索
すべてを表示する(50音順)

お問い合せ

お電話で
電話のお問合せ03-3597-8881
FAXで
FAXのお問合せ03-3508-8888
Eメールで
Eメールのお問合せinfo@senmonshinbun.or.jp

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-12
第2興業ビル

>>地図を表示
著作権 について

「専門紙ヘッドライン」欄に掲載されているニュースの見出しおよび記事(一 部を含む)などの著作物は当協会加盟社から提供されており、 日本の著作権等に より保護されています。当欄の著作物を著作権者の許諾なく利用することが法的に認められる場合を除いて、 いかなる範囲においても無断で複写等の方法で利用することはできません。 当欄の著作物を利用されたい場合は、ニュース提供元の当協会加盟社に直接お問い合わせいただくか、当協会事務局へご連絡下さい。

平成25年2月1日
日本専門新聞写真コンクール